セックステクニック上達講座-セックスが上手になる方法-

セックステクニック上達講座-セックスが上手になる方法-

AV女優 北条麻妃が教える膣開発法

膣で感じさせてイカせられる数少ない男になれる膣攻めテクニック


膣でイク「ナカイキ」は、女性にとってセックスでの最高の快感です

北条麻妃

女性にとってセックスでの最高の瞬間、
最高の快感とはどんな瞬間なのか?

 

 

それは、間違いなく膣の中でイク「ナカイキ」の瞬間です。

 

 

胸とかクリトリスとか、色々と性感帯はありますが、
膣でイクほど深い快感がないと言います。

 

特に膣の中でイク「ナカイキ」は、
痙攣するような深い快感と、
心からとろけるような高い満足度があるのです。

 

 

それは他の性感帯で得られるオーガズムとは違い、
ワンランク上のレベルのオーガズムなんです。

 

正直、クリトリスでイクのとは、
比べ物にならないくらい気持ちいいらしいです。

 

だから、ナカイキを経験した女性は、必ずと言っていいほどナカイキを求めます。
一度ナカイキを知ってしまうと、それを上回る快感はないからなのです。

 

 

それほどまでに気持ちいナカイキですから、
男としては是非女性に与えてあげたいですよね?

 

でも、それが出来ない男性は意外と多いのです。


膣でイカセる、感じさせることができない男が多い

女性にナカイキさせてあげられない男性は、
なぜ多いのでしょうか?

 

 

そもそも膣というのは、敏感な場所ではないんですね。

 

クリトリスは、非常に敏感な場所です。
ちょっと触れるだけでも、どんな女性でも感じる性感帯です。

 

 

それに対して膣というのは、
基本的には鈍感な場所なのです。
クリほど敏感な性感帯ではないんです。

 

 

ですから、ただ触れば感じるというほど
単純な性感帯ではありません。

 

膣で感じさせるためにはそれなりにポイントを知っていなければなりませんし、
それなりのテクニックも必要になってくるのです。

 

 

それに加えて、膣の中というのは、
目視できない場所でもありますよね。

 

そのため全てを手探りで行わなければならないわけです。

 

 

目で見ながら感じるポイントを探り愛撫できるところと、
目視できずに手探りだけでポイントを探り当てないといけない場所では、
どちらが愛撫しやすいかは明らかですよね。

 

 

膣というのは、なかなか感じるポイントを
探り当てづらい性感帯でもあるのです。

 

 

だから、膣を感じさせる方法を知らない男性が多いのです。
知ろうと思っても、なかなかわかりづらいのが膣の感じさせ方なのです。

 

 

それに元々が鈍感な性感帯ですから、
感じさせる方法も複雑だったりします。
単に「ここを触ればOK!」みたいな単純な話ではなかったりするのです。

 

 

ナカイキ出来ない男性が多いため、
ナカイキを経験したことがある女性も必然的に少なくなります。

 

ナカイキ経験のある女性が少ないため、
男性にナカイキを教えてあげられる女性も少なくなり、
その結果、ナカイキを学べる男性も少なくなるわけです。

膣を感じさせナカイキさせる、膣に特化した珍しい教材です

北条麻妃

「AV女優 北条麻妃が教える膣開発法」は、
女性を膣で感じさせナカイキさせるためのテクニックを学べる教材です。

 

 

膣というのは、感じさせるのが難しい場所です。
膣でイカセるのはなかなか難しいです。

 

 

その膣を攻略するということに特化した、
稀有な教材と言えるでしょう。

 

 

ナカイキテクニックの講師役となるのが、
熟女系AV女優としては超有名女優の北条麻妃さんです。
まさに大人の女ですね。

 

 

この大人の女というのが結構ポイントなんです。

 

膣で感じさせるナカイキというのは、
基本的には大人の女でないと経験できません。

 

若い女の子の場合、経験がどうしても不足しているので、
膣が開発されている人が少ないんですね。

 

大人の女と呼べるくらい経験を積んだ人でないと、
膣開発されておらず、ナカイキの経験自体がないものなのです。

 

経験がなければ教えることはできませんよね?

 

 

そういう意味では、北条麻妃さんは豊富な経験を積んだ
まさに大人の女なわけです。

 

膣攻めの講師としては最適だと思います。

 

 

 

膣の中というのは複雑ですから、
単純にここを触れば感じるという簡単なものではありません。
指を膣の中に入れて、第一関節を曲げたところがGスポットと言われますが、
じゃあそこを攻めればイカセられるのかというと、そうではないんです。

 

膣で最大限感じさせて、ナカイキさせるためには、
膣の感度を最大限高める攻め方をする必要があるわけです。

 

それが膣の愛撫に至る前の段階がポイントであったり、
Gスポットに行く前にやっておいた方がいい愛撫があったりと、
膣の快感を知っている女性でないと知らないことが結構多いんです。

 

 

経験豊富な大人の女性らしく、
その辺の膣の奥深いテクニックを余すところなく教えてくれます。

 

これ、結構学べるって大きいことだと思います。

 

男性じゃ逆立ちしても絶対にわからない感覚ですから。

 

 

膣を感じさせるためには、
膣だけ攻めればいいというものではありません。

 

そのため、膣に特化してテクニックではあるのですが、
それ以外の愛撫についてももちろん解説があります。

 

 

そして、やっぱり挿入のテクニックですよね。

 

愛撫が得意だけど、挿入してからが苦手っていう男性って、
意外と多いんじゃないかと思います。

 

どうやって動かせばいいのか、動かし方のコツは、
ただピストンする以外に何か効果的な方法はないのか?とかね。

 

そういうのを学べるのでめちゃくちゃプラスになります。

 

 

挿入で女性をイカセる。
男にとっても、また女性にとってもそれが最高ですよね。

 

そのテクニック、技術を身につけることができますし、
どうすればいいかを具体的に知識として知ることができるのは、
この教材の大きな魅力だと思います。


大人の女性、経験豊富な女性には効果大です!

AV女優 北条麻妃が教える膣開発法

 

この膣攻めのテクニックは、
特に大人の女性やある程度経験のある女性には
めちゃくちゃ効果があります。

 

 

ですから、お勧めとしては、

 

年上や大人の女性とセックスする機会が多い人
今までにある程度セックスの経験を積んでいる女性とする機会が多い人

 

こういう人は、是非学んで欲しいです。

 

 

というのも、これにはわけがあるんです。

 

膣で感じたり、ナカイキしたりするためには、
単に男にテクニックがあればいいというものでもないんです。

 

 

膣は鈍感な場所と言いましたが、
膣で感じられるようになるためには、
ある程度年齢を重ねたり、経験を積んだりする必要があるんですね。

 

所謂「開発」なんて言葉が使われることがありますが、
ある程度開発された人、もしくは開発される準備が整っていないと
なかなか膣で感じられるようにならないんです。

 

 

ですから、若い女の子というのは、
体がまだセックスの経験が不足しているので、
膣で感じられる体になっていないことが多いんです。

 

 

逆に、年齢を重ねたり、経験を積んでくると、
膣で感じられるようになってくるわけです。

 

 

だからこそ、大人の女性に対して凄い効果を発揮するのです。

 

 

経験の多い女性は、膣で感じるための準備が体で出来ているんです。

 

年上の女性とセックスする時、
または、あなたがある程度大人の年齢になっていれば、
大人と言える年齢の女性とセックスすることが多いでしょうから、
この膣のテクニックは非常に効果を発揮します。

 

また、若い女の子であっても、
例えばヤリマンとかギャルなんて言われる経験の多い子は、
体もそれなりに開発されている場合が多いので、
膣攻めのテクニックは凄く効果的です。

 

それから、モテる女の子なんかも、
必然的に男性経験が多くなりますから、
膣攻めがバッチリ決まります。

 

 

逆に、まだ経験が浅い女の子の場合、
まだ体がウブな状態なことが多いので、
膣攻めで感じるには早い場合があります。

 

 

もし自分のセックスライフを振り返ってみて、
膣攻めが使えるようであれば、
この「AV女優 北条麻妃が教える膣開発法」は
活躍するテクニックになるでしょう。

 

 

ここまで膣に特化した、膣の攻略をノウハウ化したテクニックは
かなり珍しいと思います。

 

 

膣でどう感じさせるかって、
男にとってはブラックボックスです。
男性が一番知りたいところですが、
なかなか学べる機会はありません。

 

それを学べる教材は、これぐらいじゃないかと思います。

 

 

ナカイキという、上級レベルのセックステクニックを
身に付けられる教材です。

 

 

膣で感じさせてイカせられる数少ない男になれる膣攻めテクニック

 



ホーム RSS購読 サイトマップ
レズのセックス技 スローセックス 初心者にお勧めテク 膣のナカイキテク クリ攻めテク 中級者から上級者になるテク